精神病診断なら専門家に依頼【軽症段階でストップさせることが可能】

自分で一度確認しよう

悩む男性

気をつけるべきなのは

最近では年齢を問わず、精神を患う方の数が増加を見せています。精神病といっても色々な種類があり、統合失調症からうつ病、双極性障害に適応障害など異なる特徴をもった病気を含んでいます。しかし自分で心の問題を抱えているとの自覚をもっている人でも、果たしてどのような確定診断を受けることになるのかは、精神科医の診察を受けないことにはわかりません。そこで精神科のクリニックや病院などを受診するまえに、行うとお勧めできるのはセルフチェックを実践してみることです。自分がうつ病なのか統合失調症などなのか、はセルフチェックを行うことで、ある程度の見立てをつけることができる訳です。一番簡単に行えるのはインターネット上で公開されている各種の精神病診断のセルフチェックを活用する方法です。簡単な質問に「はい」か「いいえ」、あるいは3段階程度のスケールで自分に当てはまるのかを、解答する形式のもので、回答結果を数値化し心の病気の可能性などを判断してくれます。精神科病院に受診すると初診時に類似したようなチェックシートの回答を求められる場合もあります。ただしセルフチェックはあくまで参考資料の一つに過ぎないので、鵜呑みにせず冷静になって精神科などの診察を請うのが大切です。精神病は脳内の神経伝達物質の分泌などに異常をきたし、それが気分のもちようやモチベーションの低下や妄想・幻聴など様々な症状を引き起こすことが原因の一つと考えられています。しかしそのような神経伝達物質のバランスを崩すことの原因には、日常的な強いストレスや性格的素因が関係していると推定されています。特によく観察されるのは真面目で几帳面、責任感が強い人が精神病を発症し確定診断を受けるケースです。ことの顛末は自分のせいだと考える傾向があり、他人の評価を気にするあまり必要以上にがんばりすぎてしまうなどの特徴をもっているので、結果的に何でも自分で引き受けてしまい、絶えず緊張にさらされ強いストレスの影響下におかれています。何事も自己解決しないと気がすまない性格のおかげで、自分で自分を追い込む傾向があります。このような性向に心当たりのある人は、時には周りの人間に頼ったり問題解決をともに考えてくれる人の存在が大切になってきます。回りにそのような人がいない場合には、いっそのこと精神科を受診するのが賢明です。単なるストレスの影響なのか、病的レベルまで進行しているのかも診断してくれるので、適切なケアと治療を開始することができるからです。

Copyright© 2018 精神病診断なら専門家に依頼【軽症段階でストップさせることが可能】 All Rights Reserved.